FC2ブログ

This Archive : 2007年11月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.11.26 *Mon

脳天大神さん

日曜日、午前中バイクで走って、昼から車でドライブです。
三重県の飯高にある道の駅までいこう・・・とお出かけしましたが
途中、吉野の脳天大神さんの看板が目に入りました。
首から上の守り神だそうです。

『せっかくだからお参りしていこう』

途中、ジュースを買っていると、お向かいの民家から
ミニチュアダックスフンドが2匹、すごい勢いで吠える吠える。
ちょっと触ってみよう・・・と近づくと急におとなしくなり
一生懸命お愛想してくれました。遊んで欲しかったのね。
『kooちゃんが浮気してたって、とらちゃんにいいつけてやる』と旦那。
犬や猫には弱い・・・。どうしてあんなに可愛いんだろう。

脳天大神さんには、山の中だというのにたくさんの人がお参りしていました。
ちょうど、お坊さんの説法があって、本堂はいっぱい。
『言葉は大切に使うように』とのお話でした。
『ホントにアンタはダメな子ねっ』とか『私も年でボケてきたらしい』
とか『もうだめかなあ』とか。

そういうことを言うんじゃない。

と。マイナス思考の言葉は、マイナスの波動が出るそうです。
言葉は口に出すと成就するそうです。
御真言は、真実の言葉だから何度も唱えるといいそうです。
かちんときたら、心の中で『ありがとうございます』と唱えてやりなさい、と。そういうお話でした。

帰り道。旦那とのやり取りでは・・・
『ほらっ、またそういうこと言うっ!だめじゃんっ』
『自分だって言うでしょッ!さっきの話聞いてなかったでしょっ』
『ふーんだ』
『ふーんだ』

何を聞いていたのかと小一時間。

お参りが終わってから、また三重県までドライブ。
いつものラジオ番組を聞いて、楽しく過ごしました。
スポンサーサイト
COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.11.26 *Mon

明智戻り岩

photo172.jpg


photo169.jpg


京都府亀岡市の432号線沿いを、山の中に少し入ったところにあります。
ドライブの途中、通りかかったので降りて写真を撮りました。

明智戻り岩は、屏風岩とも呼ばれているそうです。
向かいに小さな川が流れています。
現在、ハイキングコースになっていますが、道は細くて石がごろごろ。
光秀がここで引き返さなければ。
歴史上、彼は必要な存在です。でも、悲劇だったと思います。

ふと、細川ガラシャ夫人のことを思い出しました。
福知山城に行ったとき、光秀公の肖像画がありましたが
ガラシャ夫人の肖像画と見比べてみると、目元がそっくりです。
日本画の肖像画なんて、さほど精密ではないだろうと思っていたのですが
なかなか、侮れないものです。
涼しげな目元で、とても美しい方たちだったんだな、と思います。


本能寺跡に、マンションが建設されると言うことでしたが
本能寺の焼け跡が出てきたので建設延期になってましたね。
歴史の遺産ですからそのまま保存するわけにはいかないんでしょうか。


帰り道の会話。
『自分の上司になるとしたら、信長と光秀どっちがいい?』
旦那曰く、『信長』

どうして?光秀のほうが優しそうだよ?というと
『信長のほうが、着いていくにはよさそう。
光秀は土壇場で下手打ったし、頭いいくせにヘンに情にもろいところがあって、悪いやつにそそのかされてとんでもないほうへ行っちゃいそうな気がする。周囲にいい人ばかりだったらいいけど、そんなわけないし。』

だそうです。

明智光秀家中軍法(18条)の最後
 
 ~ ・・・ 右の軍法を定め置くが、これはかねてから戦争の経験の
ある者にとっては今更いわれるまでもなく、しばらくもゆるがせにしないところである。しかし、未経験の者は、慎重によくよく心に思いめぐらしておけ。そこで私案の箇条を発表するしだいである。自分は、瓦か、石ころにも例えるべき賤しい身分から召し出され、その上、主君から莫大な軍勢を預け下されている以上、軍律を正さなければ、武勇も功績もないやからとなり、その上国家の穀つぶしとして公のものを掠めとるに等しく、ひかえぐるまのように第一戦の用に役立たず、予備的存在としてみんなに嘲られて苦しみを重ねるであろう。つまり君たちは群に抜きんで、骨をくだいて忠節を励んで欲しい。そうすればすみやかに主君のお耳に達するものである。すなわち明智家の軍法はかくのごとくである。  ・・・  ~
COMMENT : 0  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.11.23 *Fri

寒さと共に

寒さと共に。
朝、起きれなくなっているのはぁ~。
どこのどいつだぁ~?

私だよ。

寒いですね。寒くて布団から出られません。
おまけに冬将軍到来というのに『秋の夜長ね』と
調子に乗って読書にふけっていると翌日、起きれません。
気合いが入ってません。

今日は通常の洗濯が終わったら、毛布も洗濯するつもりで居たのですが
お天気が・・。晴れていたかと思うと、いきなり曇りがちな冬空に。
『もっと暖かい日にしよう。今日はやめよう。』
と、新聞片手にるんるんでストーブにへばりついていると
ベランダからお日様にこにこ。
・・・晴れてきた。ショックを受けながら毛布をかついで洗濯機へ。

シーツや毛布を洗うと気持ちいいんですよね。
柔軟材がとてもよい香りで、眠るとき幸せな気持ちになるんですよね。
うだうだする自分を励まして主婦業続行。
ふかふかに乾いてくれますように。
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.11.19 *Mon

竜馬祭り

竜馬の墓


寒くて動けない。
窓を拭いたら手がかじかんだ。
週末、いきなり寒くなったような気がする・・・。

京都東山に行ってきました。
11月15日は坂本竜馬の命日で、命日から3日間ぐらい 『竜馬祭り』
だそうです。幕末ミュージアムっていう資料館みたいなのはありましたが
特にお祭りムードでもなく・・・
でも、タイムリーでしたか。

史跡 とは言え、人のお墓ですから
ああ、確かに実在した人物なんだ・・・と、胸に来るものがありました。
お線香を供えて
『日本の基礎を作ってくださってありがとうございました。』
と手を合わせてきました。

それにしても霊山一体、人のお墓。
幕末に命を落とした人たちの尊王烈士達の墓の数の多さ。
山の中に居るときは怖さも手伝って何も考えなかったものの
動乱の中、あれだけの人が(本当は墓の数よりもっと多く)
死んでいったんだ、と。
出かけるときは物見遊山の気分も混じっていたものの、
霊山に入って厳粛な気持ちになりました。
写真撮ってごめんなさい。

右に中岡慎太郎の墓、左が竜馬。
その左脇に、下男藤吉の墓。

近くに長州、桂小五郎の墓もありました。
山の中はお墓ばかりで怖かったものの、
この方のお墓のそばは穏やかな雰囲気でしたよ。
奥様のと並んでありました。



COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.11.07 *Wed

霊山観音

霊山観音


そう、これだ。
京都東山の霊山観音。高台寺(北政所、ねねの寺)のすぐ横にあります。
大きな観音様で、中は各干支の守り本尊が祭ってあります。
よくお参りに行きました。
この近くに、坂本竜馬の墓があるそうです。
訪れてみたいです。

そういえば、近所には太閤さんの、豊国廟もある。
(東山はどこもここも、歴史の宝庫ですね)
すごい階段で、頂上のお墓までひーひー言いながら登ったことがあります。

いえ、別にお墓参りが趣味なんじゃなくて。

歴史の偉人に、近づいてみたいんですね。

あ、そうそう。
竜馬のお墓も、拝観料を取られるらしい。300円。
・・・ホントかな。

COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.11.07 *Wed

おりょうさん

『竜馬がゆく』読み終えました。

感想は。
内容が濃すぎて、書けない。
私なんかが感想を書いたら、人物が薄っぺらくなってしまう。

で、話は変わるんですが
司馬良太郎が、あまり印象良く書いていない女性として、
太閤豊臣秀吉の側室 淀君 と、竜馬の奥さんの おりょうさん が
私の記憶にあるんですが。
私は、淀君にはとても親近感をもった。
作者は 容姿が端麗なだけのつまらない女性 と表現したことがあるけれど
私は、淀君は普通の女性だと思う。自尊心が強くて、ヒステリーで、
見栄っ張りで、動揺すると保身第一で・・・。
と書くと本当につまらない人のようだけど。
女の人って、そんなものじゃないの?
彼女の背景を考えると、淀君の人柄ってそんなに悪くないと思う。
私は淀君に同情する。
正室ねね と比べられるから、いっそう立場が悪くなっちゃうんだよね。

『国家安康の鐘』ってありますよね。
徳川家康が、豊臣家に難癖をつけて、豊家を取り潰しにかかった、
あのイワクつきの鐘。京都東山方広寺にその鐘を見に行ったとき、
現地の方がその鐘の中を見せてくださいました。鐘の内部には、
女性の形をした霧のようなものが浮かび上がっていました。
それと、武者のような姿も。
『これは、淀君の幽霊だと言われてるんです。浮き上がってきましたから。
そちらのは、落ち武者の霊だとうわさされてますよ。』だそうです。
幽霊になっても仕方の無い亡くなり方だと思う。
というか、どうせならトクセン祟ってやれ!と思う私は小市民。
ご冥福をお祈りいたします。

そう。それで。
竜馬の奥さんの おりょうさん。
この方も、ロクでもない書き方をされて。いや、どうなんだろう。
私は世間から冷たい目で見られている方には、同情的な見方をする人間で。
と、自分では思っていたんだけど。
おりょうさんはものすごい美人で、性格は。まあ、無愛想で。
カッとなると何をしでかすか分からない、勝気な人で。
あまり、周囲から好かれてなくて。
私、この人を好きになりたいんだけど、なんというか・・・
竜馬への独占欲が強くて、他人に対して感謝の念もあまり無くて
思いやりが無くて。そういうところばかりクローズアップされて
書かれている様で。竜馬を独り占めしてた割には、あとがきの
『おりょうは竜馬をそれほどの人物だとは思っていなかったようだ。』
で、アウト。

どうしてくれるんですか、司馬先生。
おりょうさんが気の毒じゃないですか。英雄のお嫁さんなんだから
もうちょっと読者ウケする書き方してくださっても良かったのに。

そうだ。人見知りなんだ、おりょうさん。
それで他人にうまく自分がアピールできないんだ。
おまけに美人で純粋な性格してるから、誤解されるんだ、きっと。

よし、片付いたぞ。・・・でも・・・

竜馬のサイトなんかを見ても、
後年、不良を働いて坂本家を追い出されたり、
食べていくためだけに再婚したとしか思えないような結婚をなさったり。
他人がもし、生活のためだけに結婚したとしても、
それはそれでかまわないじゃん、と思うんだけど。
なんでこう、おりょうさんの場合は釈然としないんだろう。
釈然としない。

あれこれ考えてみた。いろんな人と比べてみた。

結果。『おりょうさんの勝手でしょ。他人がガタガタいうことないでしょ。』

いや、そうなんだけどね。当然、そうなんだけどね。

・・・ああ。
この次は、誰からも愛される人に生まれ変わりますように。


竜馬ぁ~!いつかお墓参りに行かせてねぇ~!
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

2007.11.04 *Sun

ループコイル

丹波笹山方面に、ドライブに行って来ました。
近畿圏内、やはりまだ紅葉には早いみたいで・・・
ほとんど高速だったのですが
阪神高速に乗っている間中、レーダー探知機がうるさいこと。

『○メートル先、Hシステムを探知しました』
『○メートル先、Nシステムを探知しました』
『○メートル先、一般道取り締まりポイントです』
『スピードを落として』
『○メートル先、ループコイルです』

・・・ループコイルって何だ?
旦那に聞いたところ、ループコイルというのは
地面2箇所(一定区間の最初と最後)にコイルを埋めて、
その上を通過する車のスピードを割り出す取り締まり機器らしいです。
ループコイルの2ヶ所目の通過地点には、カメラがついてます。
スピード違反してたら写されるんですね。

・・・知らなかった・・・

レーダー探知機でも探知不可能なので、やっかいな代物だったらしいですが
場所を覚えてしまえば難は無く・・・
最近取り付けたうちのレーダー探知機は、そのループコイルの場所を
最初から覚えこまされていたから、警告してくれたんですね。

スピード取り締まり機器を、詳しく教えてくれているHPがありました。

http://members3.jcom.home.ne.jp/speed-navi/index.html

勉強になります。

COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



プロフィール

koo

Author:koo







最近のトラックバック





カテゴリー



ブログ内検索







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © 空の下 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。