This Archive : 2008年01月

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.01.09 *Wed

小春日和

朝からぽかぽかと良い陽気です。
一月だと言うのに、こんな暖かくて良いのかな?と思いましたが
るんるんのお洗濯日和です。

昨日、私の誕生日で、旦那から花束をもらいました。
朝起きると、部屋中にお花の良い香り。
窓から差し込む日差しがとても素敵。
家の用事が終わってネットに繋ぐと、ブログのお客様は早速コメントをくださっていますし
なんだか、プレゼントがたくさんだなあ~。幸せだなあ~。
と、にこにこしておりましたら図書館から電話がありました。
"リクエストされていた本が、他館から借り入れることが出来ましたので
どうぞ、取りに来てください"という連絡でした。
リクエストしたのは、昨年、kurumi様のブログで教えていただいた
浅田秀子著、『日本語の宝石箱』です。
春からツイてます。なんて良い日でしょう。

現在お借りしている本は、『燃えよ剣』と
『新撰組血風録』『幕末』の収録されている2冊です。
年末、忙しかったせいもあり、まだ『燃えよ剣』しか読めていないのですが、
もう一冊も返却期限までに読めるでしょう。
新撰組は、私は先に坂本竜馬を読んでしまったせいもあり、
“人斬り”のイメージが強く、なかなか入り込めませんでしたが
流石は司馬先生、読ませてくれます。

昨年、クリスマス前に司馬良太郎記念館を訪れました。
雑木林のようなお庭と、それに面した書斎・・・。
家の中は4万冊以上もの蔵書が並べられているそうです。
庭の奥に、その様子を堪能できるように・・・と、モダンな建物の中にギャラリーがあり
2万冊ほどの蔵書が一階、2階の天井までずらりと並んでいました。
よくこれだけの蔵書・・・。それも、
「これ一冊、一体いくらするんだろう・・・」と思わせるような貴重な資料がずらり。
司馬先生は特に趣味といったモノも無く、
休みの日はこのような蔵書を読むのが習慣だったそうです。
晩年の『街道をゆく』では、その作品に関連のある資料、約600冊あまりに
囲まれて執筆されていたそうです。
“司馬良太郎作品は矛盾が少ない”と言われていますが、
こういった基盤があってこその、その評価だと感心しました。
あ、『国盗り物語』の斎藤道山は別ですけどね。

そうそう、天井には坂本竜馬の影を思わせるシミがついているんですよ。
コンクリートが、施工途中に出すものだそうですが、竜馬の肩から上の部分が、
ギャラリーを覗いているような形でした。
・・・これだけの作家だもの。竜馬を世に出したような作家だもの。
茶目っ気のある坂本竜馬が覗きにきても・・・不思議は・・・ない・・?(笑

さ、それでは。
私は図書館へ行って参ります。
良いお日よりの中、バイクでかっとんで参ります。
スポンサーサイト
COMMENT : 11  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

2008.01.07 *Mon

七草粥

あけましておめでとうございます。

昨年末から何かと忙しくて、ブログが書けませんでした。
稚ブログにおいでくださっていたお客様、長い間申し訳ありませんでした。

今、旦那は横で、Will というTVゲームに夢中になっています。
昨年、欲しがっていたのでクリスマスにプレゼントしました。
『バイオハザード』というソフトですが、ゾンビがうようよ出てきて
映像が実写のようで、ちょっと怖いです。
・・・
ブログを書いているこの側で、バンバン!ズダダダダ!とゾンビを倒す銃声が・・・・
きえ~っ、とか、ぐわ~っとか言う奇声も・・・

私もやりましたが、後半は難しくて投げ出しました。
そのうちまた、ハマルかもしれません。


今年は、伊勢神宮と大神(三輪)神社に初詣に行ってきました。
おみくじは大吉でした。

私は今年もツイてます。これをご覧になっているあなたも、今年はきっとツイてます。

今日は七草粥の日ですね。
お正月、おせちやご馳走を食べ過ぎましたので
ちょうど良いお献立です。以前、TVで、
『七草粥というのは、七草全部を入れなければいけないわけではありません』
と言っていたので、お正月の残りの野菜で作ろうと思っていましたら
「スーパーで七草のパックがあるでしょう?あれ、買ってきて作って。」と旦那。
一昨年、スーパーで七草のパックを買って作りました。
すべての材料が少量づつ入っていて、とても便利です。

せり、なずな、はこべ、ごぎょう、ほとけのざ、すずな、すずしろ・・・

せりは、採取するときは気をつけないといけないそうですね。
同じせりでも、猛毒をもつセリがあるそうです。

旦那の実家の方は田舎ですので、近所の山や野原で全ての七草が揃うのですが
(実家に畑もあります)この辺りはそうはいきません。

旦那はこういうものが好きですので、買ってこよう・・・と
ご近所のスーパーへ買い物にいきました。
探しても・・・無い。
もう一軒、向こうのスーパーへ行くと、『売り切れなんです』と店員さん。
こういうものは、いつまでもおいて無いんだなあ・・・と、
仕方なく当初の予定通り葉付きの雑煮大根(すずしろ)と、みつばで
お粥を作ることにしました。
セリは香りがきついから三つ葉で代用です。
・・・なかなか、七草のクオリティーが出せていない気がしますが。

疲れた胃を休めるためのお粥です。
一年の健康を祈って・・・というのは


           初詣の大吉がカバーしてくれます。大丈夫です。


三つ葉はどうだろう・・・と思っていましたが、あっさりとしていて食べやすかったです。
おかずには塩サケや、若もぎなすの漬物、お正月のおせちの残りです。

私にも胃にも優しい七草粥の日でした。

本年も、どうぞ宜しくお願いいたします。
COMMENT : 6  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]



プロフィール

koo

Author:koo







最近のトラックバック





カテゴリー



ブログ内検索







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © 空の下 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。