FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.11.19 *Mon

竜馬祭り

竜馬の墓


寒くて動けない。
窓を拭いたら手がかじかんだ。
週末、いきなり寒くなったような気がする・・・。

京都東山に行ってきました。
11月15日は坂本竜馬の命日で、命日から3日間ぐらい 『竜馬祭り』
だそうです。幕末ミュージアムっていう資料館みたいなのはありましたが
特にお祭りムードでもなく・・・
でも、タイムリーでしたか。

史跡 とは言え、人のお墓ですから
ああ、確かに実在した人物なんだ・・・と、胸に来るものがありました。
お線香を供えて
『日本の基礎を作ってくださってありがとうございました。』
と手を合わせてきました。

それにしても霊山一体、人のお墓。
幕末に命を落とした人たちの尊王烈士達の墓の数の多さ。
山の中に居るときは怖さも手伝って何も考えなかったものの
動乱の中、あれだけの人が(本当は墓の数よりもっと多く)
死んでいったんだ、と。
出かけるときは物見遊山の気分も混じっていたものの、
霊山に入って厳粛な気持ちになりました。
写真撮ってごめんなさい。

右に中岡慎太郎の墓、左が竜馬。
その左脇に、下男藤吉の墓。

近くに長州、桂小五郎の墓もありました。
山の中はお墓ばかりで怖かったものの、
この方のお墓のそばは穏やかな雰囲気でしたよ。
奥様のと並んでありました。



スポンサーサイト
COMMENT : 4  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

他人のお墓
とはいえ穏やかな気持ちになれるっていいですね。
いろんな人がお参りに来てるのですね。
くっしーちゃんの思いもあの時代にとんでいったのですね♪
2007/11/21(水) 17:14:20 | URL | ちゅほ #Y4Jl5Jg. [Edit
はじめまして。
私の地域も急に寒くなりました。
竜馬は私が幕末で愛する人の一人です。
お墓はどんな状態であれ、心が落ち着くものです。
辛い時、お墓に行くと「ああ、一人じゃないんだ…」と感じることが出来ます。
少し変態チックでしたね(笑)
2007/11/22(木) 17:39:07 | URL | Phantom #- [Edit
ちゅほちゃん
そうなの、小説で読んだだけじゃなくてね
この人たちは確かに実在したんだ、って。

第二次大戦で、日本の無罪を主張してくれた
インドの博士の記念碑もあったりしてね。
日本の大手会社がたくさん賛同して、
その記念碑を建ててるの。
日本人は、恩を忘れない民族なんだ・・・って。
自分がやったわけでもないのに(笑
日本という国が誇らしく思えたよ。
行ってよかったです。
2007/11/23(金) 11:45:06 | URL | koo #- [Edit
Phantomさん
はじめまして。
そうですね、お墓に行くと・・・
やましいことがあるときなんか、
私は逃げ出したくなりますが(笑

祖先が眠るお墓の前に立つと
心強く感じるものがありますよね
2007/11/23(金) 11:50:54 | URL | koo #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

koo

Author:koo







最近のトラックバック





カテゴリー



ブログ内検索







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © 空の下 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。