--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.12.02 *Sun

上方武士道

『上方武士道』と書いて、「ぜえろくぶしどう」と読みます。

司馬良太郎の作品です。全集の一巻に収録されています。
直木賞作品の「梟の城」も収録されていましたが
読んでいて楽しかったのは上方武士道です。
司馬良太郎版、「西遊記」、といった感じで・・・(まあ、内容は相当違いますが)
おおまかなあらすじは、

幕末、貧困の為に大阪に養子にやられた公家の御曹司が
身に付けた剣の腕を買われて、江戸に密偵に行く道中のお話です。
ボディーガードに大阪の商い侍、伊賀の忍者、
養子に行った先の大阪で慕ってきた女性と、その丁稚・・・をつれての旅となります。
どのキャラクターも個性的で、非常に魅力的です。
個人的には伊賀の忍者 「青不動」が好きでした。
忍びとはいえ、武士としての気質、温かみのある人柄・・・
それぞれが、それぞれの事情を持って主人公を守ろうとするのですが
後半は、主人公のお公家さんは彼らから逃げ出して一人で旅をします。
「君たちに振りまわされてちゃたまらない」ということですが
最後は、ボディーガードたちは、主人公に追いつきます。
で、また逃げられます。(笑)

物語を読み終えたときは
この登場人物たちと分かれるのが少しさびしい感じでした。
才能ある作家というのは登場人物に非常な愛情を持って書くものなんですね。
だから、これだけ登場する人物が魅力的なんだと思います。
私はこのところ、司馬良太郎作品ばかり読んでいますが
いつも作者の、人物への愛を感じます。

昼間、「なんてことはない日常」とタイトルを打ってUPしたのですが
内容があまりにも稚拙なため、削除致しました。
お読みになった方、お目汚しでした。ごめんなさい。

現在、『風神の門』を読み始めました。
あの、「霧がくれ才蔵」です。楽しみです。
スポンサーサイト
COMMENT : 2  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

読書の楽しみ
こんばんわ、司馬先生の名前に惹かれコメントしています。
私も司馬作品大好き人間ですが、この作品はまだです。
面白そうですね。是非読んでみます。

>読物語を読み終えたときは
>この登場人物たちと分かれるのが少しさびしい…
この感じ良く解ります。
私、もう一度会いたくて(項羽に)、
「項羽と劉邦」3度目の再会しようと思っています。
2007/12/02(日) 22:23:37 | URL | kurumi #r3GBGjCs [Edit
こんばんわ

私は「項羽と劉邦」は、まだなんですが
きっと読むと思います

読み返したくなる作品が多いですよね
読むたびに新鮮で魅力的で
司馬作品はボリュームがある物が多いので
読み直そうとすると勇気もいるんですが(笑

他の作者も読もうと思っていますが
司馬良太郎熱がまだ治まりそうにありません
2007/12/02(日) 23:00:20 | URL | koo #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

koo

Author:koo







最近のトラックバック





カテゴリー



ブログ内検索







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © 空の下 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。