--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2007.12.13 *Thu

最後の伊賀者

霧隠才蔵、『風神の門』を読み終え、短編の作品『最後の伊賀者』を読みました。

『読まなくてもいい司馬良太郎作品第一作目』に挙げたいと思います。

忍者、服部半蔵の子息、服部石見守正就(はっとりいわみのかみまさなり)と、
ヒダリと言う忍者が登場します。
ヒダリは、『石見守など、我らが忍者を統率する器ではない。復讐してくれる。』
と、理由にもならない理不尽な理由で、忍びの技を使い、流言を流し、公儀を利用し、
石見守を追い詰め、果ては辻斬りの汚名を着せ、お家取り潰しにさせてしまいます。
(石見守は最期、戦で討死のはずですが
 死体が見つからず行方不明。逃げたものとみなされます。
 主人が消えれば当然、その家は取り潰しになるわけです。
 死体をヒダリが隠したのではないか?いやまさか、そこまでは・・・
 というニュアンスで小説は終わります)

人を疑うこと、嫉むことを訓練されてきた忍者の影の部分。
また、それを美徳とする、現代人では理解に苦しむ忍者の誇り。
そういった、ヒダリの暗い部分が主流にえがかれています。

後味悪いこと、この上無い。
そんな理屈があるか?と思わず眉をひそめました。

事実は小説より奇なり といいます。
世の中には理不尽が横行していると思います。
私にもあります、妬み、意地悪、卑屈。
自分の理不尽なことにも気付かずに暮らしているかもしれません。

でも、闇に捕われることなく明るく、軽やかに前を向いていきたいのです。
嫉みや卑下、いじけた心に負ける私ではダメなんです。
間違えることや、後悔もたくさんありますけどね。影に捕われちゃだめです。

それにしても後味の悪い作品でしたよ~;
司馬先生、なんか機嫌の悪いときに書いたのかしら、これ~;
スポンサーサイト
COMMENT : 8  TRACKBACK : 0  [EDIT] [TOP]

COMMENT

最近軽いものしか読んでないわぁ。
後味の悪い作品てときどきあるねぇ。
2007/12/13(木) 16:38:21 | URL | ちゅほ #- [Edit
ちゅほちゃん
読書、夢や希望や感動が欲しい。
さらっと、軽いものもいいよね。
読んで気分の悪いものはちょっと;
2007/12/13(木) 16:45:41 | URL | koo #- [Edit
う~ん…
忍者物は好きですが、後味の悪いものは嫌いですね。
2007/12/13(木) 17:55:05 | URL | Phantom #- [Edit
Phantomさま
残念ながら、今回はハズレでした。
やはり、読み終えた後の充足感が欲しいですからね。
2007/12/13(木) 21:25:49 | URL | koo #- [Edit
読書
こんにちは!
訪問ありがとうございました。
小説がお好きなんですか?
私も好きなんです。
「最後の伊賀者」、まだ読んだことないです。
そうなんですか。
同じ忍者ものでは、「梟の城」が面白かったですよ。
2007/12/14(金) 16:42:41 | URL | ときめき #6x2ZnSGE [Edit
ときめきさま
こんにちわ
稚ブログにもおいでくださり、ありがとうございます。

小説、ここのところ司馬良太郎三昧なんです。
「梟の城」、面白かったです。
石川五右衛門のルーツの発想だとか、すごいですよね。
すごくスリルもあって。
今、全集を読んでいるのですが、まだ忍者ものは続きそうです・・・。
2007/12/14(金) 16:58:49 | URL | koo #- [Edit
こんばんわ
「全集」にチャレンジされているKooさまの感想
>『読まなくてもいい司馬良太郎作品第一作目』、、
この言葉になぜか感動&惹かれました。
とことん司馬ワールドに入り込まないと発せられないフレーズですから、すごいです!!!
私はまだ開いてない本、Kooさまの感想を参考にして、読んでみたいと思います。
2007/12/14(金) 18:45:55 | URL | kurumi #r3GBGjCs [Edit
kurumiさま
こんばんわ
『最後の伊賀者』読んだ直後は気分が悪かったのですが
一日経ってみると、なるほど、忍者の忍者たる所以かな・・・
『最後の伊賀者』とはそういうことか、と納得(?)しました。
是非、お薦めしたいのが『国盗物語』です。
これは私が一番最初に出会った司馬良太郎作品で、ここから私の司馬良太郎熱が始まりました。
主人公の斎藤道山に憧れて、岐阜城まで行ったくらいです。
(実際行ってみると、小説と実在した道山は、かなり違うことが判明したのですが)
もう既に読んでいらっしゃるでしょうか・・・。
2007/12/14(金) 19:41:42 | URL | koo #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



プロフィール

koo

Author:koo







最近のトラックバック





カテゴリー



ブログ内検索







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © 空の下 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。