--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.01.09 *Wed

小春日和

朝からぽかぽかと良い陽気です。
一月だと言うのに、こんな暖かくて良いのかな?と思いましたが
るんるんのお洗濯日和です。

昨日、私の誕生日で、旦那から花束をもらいました。
朝起きると、部屋中にお花の良い香り。
窓から差し込む日差しがとても素敵。
家の用事が終わってネットに繋ぐと、ブログのお客様は早速コメントをくださっていますし
なんだか、プレゼントがたくさんだなあ~。幸せだなあ~。
と、にこにこしておりましたら図書館から電話がありました。
"リクエストされていた本が、他館から借り入れることが出来ましたので
どうぞ、取りに来てください"という連絡でした。
リクエストしたのは、昨年、kurumi様のブログで教えていただいた
浅田秀子著、『日本語の宝石箱』です。
春からツイてます。なんて良い日でしょう。

現在お借りしている本は、『燃えよ剣』と
『新撰組血風録』『幕末』の収録されている2冊です。
年末、忙しかったせいもあり、まだ『燃えよ剣』しか読めていないのですが、
もう一冊も返却期限までに読めるでしょう。
新撰組は、私は先に坂本竜馬を読んでしまったせいもあり、
“人斬り”のイメージが強く、なかなか入り込めませんでしたが
流石は司馬先生、読ませてくれます。

昨年、クリスマス前に司馬良太郎記念館を訪れました。
雑木林のようなお庭と、それに面した書斎・・・。
家の中は4万冊以上もの蔵書が並べられているそうです。
庭の奥に、その様子を堪能できるように・・・と、モダンな建物の中にギャラリーがあり
2万冊ほどの蔵書が一階、2階の天井までずらりと並んでいました。
よくこれだけの蔵書・・・。それも、
「これ一冊、一体いくらするんだろう・・・」と思わせるような貴重な資料がずらり。
司馬先生は特に趣味といったモノも無く、
休みの日はこのような蔵書を読むのが習慣だったそうです。
晩年の『街道をゆく』では、その作品に関連のある資料、約600冊あまりに
囲まれて執筆されていたそうです。
“司馬良太郎作品は矛盾が少ない”と言われていますが、
こういった基盤があってこその、その評価だと感心しました。
あ、『国盗り物語』の斎藤道山は別ですけどね。

そうそう、天井には坂本竜馬の影を思わせるシミがついているんですよ。
コンクリートが、施工途中に出すものだそうですが、竜馬の肩から上の部分が、
ギャラリーを覗いているような形でした。
・・・これだけの作家だもの。竜馬を世に出したような作家だもの。
茶目っ気のある坂本竜馬が覗きにきても・・・不思議は・・・ない・・?(笑

さ、それでは。
私は図書館へ行って参ります。
良いお日よりの中、バイクでかっとんで参ります。
スポンサーサイト
COMMENT : 11  TRACKBACK : 1  [EDIT] [TOP]

COMMENT

kooさん♪1月8日☆お誕生日 おめでとうございます♪(^◇^)
昨日に引き続き、

今日も、素敵な日差しですね~♪

kooさん、お日様にも愛されてる~♪(6 <)

図書館と図書室は、ティーもだ~い好きな、世界で~っす♪

2008/01/10(木) 09:40:53 | URL | ティー #6facQlv. [Edit
ティー様
ありがとうございます。

お天気が良いと気分もいいんですよね。
今日も本当に良いお天気です。

無料で本が借りられる図書館、利用しないともったいないですよね。
2008/01/10(木) 10:34:53 | URL | koo #- [Edit
図書館は私も好きで、ついつい借りすぎてしまい、返却期限までに読めないことが多々あります。私は新撰組が大好きですよ~。でも、竜馬からだったら、確かに酷い人たちに見えますね…
2008/01/10(木) 18:07:05 | URL | Phantom #- [Edit
Phantom様
そうなんだ、新撰組がお好きなんですね
先入観が無ければ、京の治安を守った正義の味方ですものね。
返却期限・・・。読まずにそのまま返すのは惜しいので、延長ですね、やっぱり。(笑
2008/01/11(金) 05:51:25 | URL | koo #- [Edit
はじめまして、訪問履歴からまいりました。
図書館いいですよね。
私もバイクで図書館通いします。
一つ前の愛車バリウスは乗りやすいバイクでした。SUZUKIと同じフレームなんですよね。なつかしいぃ~でした。
ひとつひとつページをめくるたびに驚くブログですね。
よろしくお願いします。
2008/01/11(金) 13:04:48 | URL | rain #iz.eytdM [Edit
rain様
はじめまして。
ようこそおいでくださいました。
バリオスですか!・・・ということは、ブログを最初のほうから読んでくださったのですね。
ありがとうございます。
現在、GSXは冬眠中ですが(図書館は原付です)
これからまた、ツーリングにもってこいの季節が。
海沿いを飛ばしたいものです。
どうぞ、これからも宜しくお願いいたします。
私もまた、貴ブログにお邪魔させていただきます。
2008/01/11(金) 21:53:20 | URL | koo #- [Edit
司馬遼太郎記念館へ、、、
Kooさまこんにちわ。
お誕生日にご主人様から花束、、、なんと素敵お誕生日だったのでしょう。
遅くなりましたが、おめでとうございます。

司馬先生の館へ行かれた、本当に羨ましいです。
Kooさまは今司馬ワールドの真ん中にいらっしゃるようですね。
ここは本当に魅力的、と同時にこの文章リズムは、次から次へとページを開きたくなりますよね。
司馬さんの蔵書にある辞書類、今はなき古い貴重な品ばかりと聞きました。辞書はある時間を経ると改編されますが、改編後に消える言葉があるから、古いものも大切に保管していると。
言葉を大切にする作家さんならではの考え方です。
そんなたくさんの本の中でどんな事を思っていたのか?
すごく興味ありますね。

「日本語の宝石箱」手にされたのですね。
紹介した本を読んでいただくこと、本当にうれしいです。ありがとう!
2008/01/13(日) 13:23:23 | URL | kurumi #r3GBGjCs [Edit
kurumi様
ありがとうございます。
返信が遅くなってしまい申し訳ありません。

司馬ワールドは、まだまだ踏み込んだばかりのような気がします。
あの蔵書を見て、この膨大な歴史と言葉、作者の知識の海、
波に飲まれて私はどこへたどり着くんだろう、と(笑)気が遠くなるようでした。
私の知識をはるかに超えるたくさんの言葉や史実が、まだ手付かずのまま残っています。
本当に魅力的な作品が多く、一度読んでも、まだ足りない、と思うこともしばしばです。
まだまだ、抜けられそうにありません。

『日本語の宝石箱』
ふだんぼんやりしていると、考えないようなこと、言葉の大切さ・・・勉強になります。
良い本を教えていただきました。こちらこそ、ありがとうございます^^
2008/01/15(火) 15:02:54 | URL | koo #- [Edit
お久しぶりです、、、
お元気ですか?
今年も残すところ5日、、、
Kooさまにとってどんな一年でしたか?
私のとって環境の変わった今年は、特に時間の早さを感じた一年でした。
(干支のせいかしら?)
来年は、もう少し気ままに自分の為の時間を作ろうと思っています。
(美味しいものを頂き、好きな所でのんびり本を開けたら最高です)

北陸は波浪警報発令中、日本列島冷凍庫に入っているような冷え込みです。
年末に向けあわただしい毎日の事と思います、どうぞご自愛ください。
2008/12/26(金) 18:46:09 | URL | kurumi #r3GBGjCs [Edit
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/03/05(金) 22:10:36 | | # [Edit
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/05/11(金) 08:09:18 | | # [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

管理人の承認後に表示されます
2012/10/25(木) 05:59:31 | [Del


プロフィール

koo

Author:koo







最近のトラックバック





カテゴリー



ブログ内検索







ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



Copyright © 空の下 All Rights Reserved.
Images from ふるるか ・・・ Designed by サリイ ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。